新潟県信用保証協会

金融・保険

正社員

新潟市中央区

日常の業務を通じ、新潟のいいところを再発見しています

保証推進部 企業支援課
高橋 優太
千葉大学法経学部 卒

志望動機

大学時代は財務会計を学び、金融機関を志望していました。大学の先輩を通じて信用保証協会を知った時、中小企業のサポートに集中して取り組める仕事であること、専門的な能力を伸ばせそうというところに魅力を感じました。本を読み、個別説明会で話を聞いていたので入社後のイメージがつかみやすく、その後のギャップもありませんでした。

失敗から得たもの・成功体験

ミスをしても上司や先輩社員に意見を聞く体制が整っているため、自分の力を発揮した上で仕事を進めることができます。経営者の方々からは祭りや今のトレンドなど興味深い話をお聞きし、新潟のことに詳しくなった実感があります。会話を通して多様な価値観を持った方々と距離が縮まり、いい話し合いができた時のうれしさは格別ですね。

これからチャレンジしていきたいこと・夢

利益を出すためにどのような方法が考えられるのか、中小企業者のお客様に貢献できる知識やスキルをこれから身に着けていきたいと考えています。大企業と比較して中小企業者はヒト・モノ・カネといった経営資源に限界があります。限られた資源をどう活用しているのかを考え、立地条件などの外部環境、集客戦略などの内部環境を分析し、事業に対する理解を深めていくのは難しいですが、非常に面白みのある仕事です。

就活生の皆さんへ

説明会や就活サイトなど就職活動中に得られる情報はとても多いです。一方で情報過多となり、したいことや大切にしている判断基準がわからなくなってしまうこともあるのではないでしょうか。私は中小企業者に特化して業務が行える仕事に魅力を感じました。何か一つ、自分の中で最も重要な判断基準があると、情報の取捨選択がしやすくなると思います。

他の先輩社員インタビュー

新潟県信用保証協会

http://www.niigata-cgc.or.jp/recruit

設立

1949年4月

従業員数

118人(2019年11月現在)

平均年齢

38.8歳