えちごトキめき鉄道(株)

交通・運輸・郵便

正社員 既卒可

上越市

快適な乗り心地を守っています

設備センター施設課
施設係(保線)本間 光騎
2018年入社新潟医療福祉大学健康科学部 卒

志望動機

最初は就活で自分が何をしたらいいのか分からない状態からのスタートでした。子どもの頃、鉄道が好きだった事を思い出し、説明会に参加したことがそもそものご縁でした。その後、自分で鉄道の仕事について調べたところ、電車を動かすためには見えない部分で多くの人が携わっていることを知り、地域の方を支えるやりがいのある仕事だと思い、志望しました。

失敗から得たもの・成功体験

施設課の保線グループで、線路の枕木やコンクリートの検査や保守をしています。この仕事の失敗はそれ自体が大きな事故に直結してしまうため、業務には万全を期しています。幸い今のところそのような失敗はありませんが、これからも日々線路のメンテナンスをしっかりと行い、電車を安全に運行させるという役目を全うしていきたいと思っています。

これからチャレンジしていきたいこと・夢

列車が揺れるのは原因があります。それを突き止めて、ミリ単位でゆがんでいる線路を直す軌道整備という作業があります。その作業後に電車が揺れることなく通過するのを見届けると、自分たちの作業が快適な乗り心地につながったと達成感を得ることができます。今後はベテラン先輩社員の業務を早く覚えて、1人でできることを増やしていきたいです。

就活生の皆さんへ

説明会ではできるだけ多くの企業を訪問して、選択肢を増やしてから就職活動を行ってみたらいかがでしょう。何をすれば良いか分からない人も、それがきっかけでやりたい仕事に巡り合うかもしれません。それからチャレンジ精神を大切に!自分には無理だ、と思い込みであきらめることなく、とりあえず入社試験を受けてみるのもいいかもしれません。

他の先輩社員インタビュー

えちごトキめき鉄道(株)

http://www.echigo-tokimeki.co.jp/company/recruit/

設立

2010年

資本金

66億7,710万円

従業員数

約250人

売上高

36億6,855万円(2018年度)

平均年齢

30.3歳(正社員)