ウイルス警戒 県内企業で入社式

2020年4月3日ニュース
新年度を迎えた1日、新潟県内の企業や官公庁では入社式、入庁式が行われた。新型コロナウイルスの影響が広がる中、式典を縮小・分散するなど、感染を警戒した異例の形での開催が目立った。

 34人が出席して入行式を行った大光銀行(長岡市)は=写真=、出席者全員の検温や換気を徹底。会場では出席者の間隔も取った。新入行員は全員がマスクを着用し辞令を受け取った。石田幸雄頭取は新型ウイルスによる県内経済への影響に触れ、「こうした環境だからこそ、真に必要とされる地域金融機関として存在価値を高めなければ」と強調した。

 新入行員の女性(22)は「このような状況で開催してもらい、頑張ろうという気持ちが強まった。いろいろなことを吸収し成長していきたい」と決意を語った。

2020/04/01 22:05 新潟日報モア