JA共済連 新潟

その他

新潟市中央区

被害を受けた方々の生活再建につながる仕事

業務支援部 建物査定グループ 主査
山岡夕莉
明治大学農学部 卒

志望動機

JA共済連は「ひと・いえ・くるま」、全ての保障(総合保障)を手掛けており、幅広く地域に貢献できると考えました。査定から支払いまでお手伝いした共済金は、被害を受けた方が新たなお住まいや家財の購入など、生活を再建する一歩に直接つながります。お客さまの「ありがとう」の言葉は励みになります。

失敗から得たもの、成功体験

地震や火災などで家が壊れた際の、損害額の査定から支払いまでの業務を担当しています。電話照会を受けた時に、詳しい契約内容や損害状況を聞かずに一般的な回答をしたところ、実は十分に確認したうえで支払いをしなければならないケースだったことがありました。詳しいヒアリングと例外などの注意事項もしっかりと伝えることを意識付けるようになりました。

これからチャレンジしていきたいこと、夢

入会してからこれまでに生命査定(万が一のときの保障や入院されたときの保障など人に対する共済金のお支払い)と建物査定を担当してきました。将来的には自動車の査定支払い(事故対応)に携わり、「ひと・いえ・くるま」それぞれの査定・支払いを経験したいと思います。年に1度、連続5日休みを取れる制度があるので、学生時代から趣味にしている海外旅行を毎年続けていきたいです。

就活生の皆さんへ

就活サイトを開くと、平均エントリー数が100以上と表示されたりしますが、そんなに登録してもエントリーシートに書くことが思い浮かばない企業も出てくると思います。人の動向は気にせず、自分が関心のある企業に絞って研究したほうがいいと思います。JA共済連は仕事と家庭を両立している先輩が身近にいる、女性も働きやすい環境ですよ。

他の先輩社員インタビュー

JA共済連 新潟

http://web.saiyo.jp/ja-kyosai/

設立

1951年1月31日

資本金

出資金7,567億円(2017年3月末)

平均年齢

41.2歳