(株)森下組

建設・土木

正社員 既卒可

湯沢町

コミュニケーションの大切さを学ぶ

建築部
川内翔太
2015年入社東海大学工学部建築学科 卒

志望動機

大学で建築を学び、卒業後は地元に帰って建築関係の仕事をしようと決めていました。企業説明会で、大手のような分業・専業制ではなく土木や一般建築などいろいろな工事を全工程を通して経験でき、入社後は先輩が丁寧に指導してくれることを知って志望しました。また新人でも、ある程度仕事を任せてもらえるので早く成長できることもポイントでした。

失敗から得たもの、成功体験など

入社後は先輩から施工管理を教わります。最初は希望して東京支店の現場に入りました。近隣住民への事前説明や職人とのやりとりなど、コミュニケーションの大切さを学びました。またミスを先輩に注意されたことで、「何をすべきなのか、まず自分で考える」ようになりました。施工管理は臨機応変な対応力が大切だと日々実感しています。

これからチャレンジしていきたいこと、夢

今年はまず1級建築施工管理技士の資格検定に合格することが目標です。冬期、工事がない期間は、除雪業務の合間に会社で勉強できます。受験料と検定会場までの交通費も3回まで負担してもらえるなど資格取得のバックアップ体制が整っています。将来は技術力を磨き経験を積みながら、打ち合わせから設計、施工管理までの工程を1人でやるのが夢です。

就活生の皆さんへ

業種を絞りすぎずに、いろいろな企業を調べてみるといいですね。企業説明会では福利厚生など気になる点を質問し、答えをもらっておけば入社後のギャップも少ないはず。面接では、面接官の目を見て話すのが大事です。建築業は多くの人や業種とコミュニケーションを取る必要があります。社交的な人はより仕事がしやすいのではないでしょうか。

他の先輩社員インタビュー

(株)森下組

http://www.morishita-net.co.jp/recruitment_2019.html

設立

1957年3月25日

資本金

3,200万円

従業員数

70名(平成30年2月28日現在)

売上高

35.8億円 (平成29年8月 第61期)

平均年齢

45.5才