(株)第四銀行

金融・保険

正社員 既卒可

新潟市中央区

「金融」というフィールドで地域の発展に貢献したい

本部(地方創生推進担当)  調査役
大山道夫
2006年入行ネットワーク情報学部 卒

志望動機

関東の大学に進学して地元「新潟」の魅力に気付き、新潟県をさらに元気に、魅力的にするような仕事をしたいと思いました。
銀行は全ての業種の企業がお客さまです。仕事を通じて多くのお客さまと接することができ、また信頼関係を築いた上で解決策を提案することで、お客さまや地域の成長とともに自分自身も成長していけると考えました。
「金融」というフィールドで地域貢献したい、新潟の企業の発展に貢献していきたいと強く思い、当行を志望しました。

現在の仕事内容、やりがい

約2年間、国の機関に出向し、「地方創生」関連の業務を担当しました。
その経験を生かし、2016年から本部で、県内のお客さまの事業成長のための、ビジネスマッチングや商談会の開催、国の補助金を活用していただくための説明会の開催等のサポートを行っています。
適切なタイミングで補助金の活用をご案内し、お客さまの事業の発展に繋がるようなご提案ができた際に、お客さまから感謝の言葉をいただいたことがとても励みになりました。

これからチャレンジしていきたいこと、夢

出向していた頃、銀行員の目線で新潟を見た時「こんなにポテンシャルが高いのにもったいない」と残念に思いました。
「地方創生」の取り組みが加速する中で、自治体や外部専門機関等と協力しながら、絶えず新潟について県外に向けて発信し、投資や人的交流、U・Iターンや観光人口など、人口還元を促進する活動を継続していきたいです。

就活生の皆さんへ

「何のために仕事をするのか」を考え、多くの人と話し、様々な企業を見て、焦らずにじっくりと皆さん自身が納得する就職活動をしてほしいです。
当行は、「新潟のためになる仕事をする」という部分がぶれない人が活躍できる職場です。また「変化の時代」でもあり、若い柔軟な発想を持っている方を待っています!

他の先輩社員インタビュー

(株)第四銀行

https://www.daishi-bank.co.jp/recruit/new.php

設立

1873(明治6)年

資本金

327億円

従業員数

2,260名(2017年3月末現在)

平均年齢

39.2歳(2017年3月末現在)

(株)第四銀行と特徴が同じ企業を探す