「燕三条ブランド」日本橋で発信ツインバードがカフェオープン

2018年1月22日ニュース
ツインバード工業(燕市)は13日、東京・日本橋に地元産野菜などの食材を使ったメニューを提供する飲食店「GATE CAFE(ゲート・カフェ)」をオープンした。自社製品のほか、洋食器などの特産品に触れることもでき、「燕三条ブランド」の発信拠点にしたい考えだ。

同社の東京支社を兼ねた自社ビル1階に開設した。健康に気を使う40代男性と美容に関心の高い20~40代女性をターゲットに「健康と美」をコンセプトにした。低糖質のパン「ブランパン」と地場産野菜を使ったサラダを組み合わせたフードメニューを主力商品とする。

店内には、キッチン家電など自社製品約100点を展示・販売する。地元企業の爪切りやタンブラーなども並び、燕三条エリアのアンテナショップとしての機能もある。

開店に先立ち開かれた報道関係者向け説明会で、野水重明社長は「多くの人が集まり、おいしい体験を通して私たちを知ってもらう場所にしたい」と話した。

営業時間は平日の午前7時~午後6時。問い合わせは同店、03(3663)8805。

【経済】 2017/12/14 11:38 新潟日報モア