(株)新潟放送

マスコミ・広告・印刷

正社員

新潟市中央区

さまざまな人や物に出会えるのが面白い

情報センターテレビ制作部ディレクター
番組制作大沼祐貴
新潟大学理学部 卒

志望動機

さまざまな業種を検討し、インターンシップも経験しました。理系ながら金融機関にも関心を持っていました。最終的には、毎日に変化があり、人、物、自然、行事などいろいろな取材対象に会える報道の仕事に魅力を感じました。また新潟の隠れた魅力を伝えられるところにも引かれました。

失敗から得たもの ・成功体験

会社の外に飛び出して、さまざまな人や物に出会えることが仕事の面白さ。ある老舗ラーメン店で取材がうまくできた時は心の中でガッツポーズです。逆に、中継で自分の見せたいものを詰め込みすぎてわかりづらい内容になってしまったり、シーンとシーンをつなぐナレーションで淡々としすぎたりして反省したことも。初めて見た人の気持ちを意識し、わかりやすい内容を心掛けています。

これからチャレンジしていきたいこと・夢

年の近い先輩、年の離れた先輩、どちらも話しかけやすく、悩みなどを聞いてもらっています。先輩たちを見習って、自分で一つのコーナーを企画できるようになるのが目標です。いつか自分の趣味でもある釣りの企画を実現させたいです。

就活生の皆さんへ

就活は自分が会社を選ぶ場であり、自分が会社から選ばれる場です。自分自身をきちんと分析し、面接などで会社から選ばれるようなアピールができれば、きっとうまくいくと思います。私は学生時代に打ち込んだことを通して、粘り強さをアピールしました。

他の先輩社員インタビュー

(株)新潟放送

https://www.ohbsn.com/corporate/recruit/

設立

1952年10月14日「株式会社 ラジオ新潟」創立
1961年03月01日「株式会社 新潟放送」に商号を変更

資本金

3億円

従業員数

118名 平成30年4月1日現在

売上高

67億5100万円(2018年3月実績)

(株)新潟放送と特徴が同じ企業を探す