開発技建(株)

建設・土木、 その他

正社員

新潟市中央区

信頼される技術者を目指して

水工部
技術職渡邉政博
2016年長岡技術科学大学 大学院 工学研究科 建設工学専攻(現:環境社会基盤工学専攻) 卒

志望動機

建設関係の仕事に興味を持ったきっかけは、中越地震の際に道路が壊れているのを目の当たりにしたことでした。地元・新潟に貢献したいという思いがあり、研究室で相談したところ開発技建を薦められたのが志望の決め手でした。職場の雰囲気はとても和やかで働きやすいため、入社できてよかった。ここで頑張りたいという気持ちがあります。

失敗から得たものや成功体験

河川、砂防、下水道など「水」に関連した調査、計画、設計の仕事をしています。その中でも河川の護岸や砂防堰堤(えんてい)の設計を主に行っています。領域が広く知識や経験が増えていくので、自分の仕事の幅が広がっていくことにもやりがいを感じます。最初の条件整理をおろそかにすると作業をやり直さなければならず、一番最初が肝心だということを痛感しました。

これからチャレンジしていきたいこと

お客さまや職場の人から信頼され頼られるような技術者になりたいです。そのためにも、一つ一つの業務を通じ、知識や経験を蓄積して自分のものにしていけたらと思います。手掛けたい構造物としては、砂防堰堤という、山の中にある土石流を食い止めるコンクリートの壁。3次元の設計業務など新しいことにもチャレンジしたいですね。

就活生の皆さんへ

私の場合は、やってきたことを誠心誠意伝えられたのが良かったのかと思います。中でも3D CADを使っていたことはアピールポイントになりました。仕事の内容も重要ですが、同じ職場で長く働くためには、自分と職場の雰囲気が合うかということはさらに重要だと思います。志望する会社にOB・OGがいたら、会社の雰囲気を聞くと参考になるはずです。

他の先輩社員インタビュー

開発技建(株)

http://www.khgk.co.jp/recruit/

設立

1966年6月10日

資本金

4,000万円

従業員数

122名(2019年2月1日現在)

売上高

24億7,171万円(2018年12月)