スノーピーク、長野・白馬に商業施設              来春開業 キャンプ体験も

2019年1月24日ニュース
アウトドア用品のスノーピーク(三条市)は23日、長野県白馬村に、キャンプ体験もできる商業施設を2020年春に開業すると発表した。投資額は約10億円。約1万6千平方メートルの敷地内に自社のショップやレストラン、テナントが入る施設を建設するほか、キャンプ体験エリアやイベントスペースも設ける。白馬村は冬に観光客が集中するため、通年で楽しめる場所としてPRするとともに、普段はキャンプをしない人やインバウンド(訪日観光客)への浸透を目指す。

 商業施設はJR白馬駅から徒歩10分ほどで、かつてスキー場に団体客を運ぶバスの待機場所として使われていた土地に整備する。全体設計は建築家の隈研吾氏に依頼。中核となる建物は延べ床面積約1400平方メートルで「白馬村の象徴となる形」(隈氏)として、山並みをイメージした特徴的な屋根など自然と調和するデザインとした。名称は未定。

 運営するのはスノーピークが昨年9月に設立した子会社「スノーピーク白馬」で、自社のキャンプ用品やアパレルを販売・レンタルする店舗のほか、直営レストラン、コーヒーチェーン店、観光案内所などが入る予定。キャンプや宿泊ができるほか、災害時には地域の防災拠点にもなる。年間数十万人の利用を見込む。

 施設のオープンに先立ち、白馬村の北尾根高原内で今年7月、標高約1200メートルの自然の中で高級ホテルのようなサービスが体験できる「グランピング」施設「スノーピーク フィールド スイート」が開業する。現地でスキー場を運営する会社が手掛ける事業で、スノーピークが監修した。

 白馬村との連携をさらに強化するため、23日には地域の魅力発信や防災対応などを盛り込んだ包括連携協定を結んだ。村役場で行われた締結式で山井太社長は「白馬は冬はもちろん、グリーンシーズンも美しい。世界中から人が集まる場所にしたい」と話した。


【経済】 2019/01/24 16:58 新潟日報モア