テニス大坂選手、世界1位に県内も祝福              ヨネックス、全力で躍進支える

2019年1月29日ニュース
女子テニスの全豪オープンシングルスを制した大坂なおみ選手(21)が28日付で世界ランキング1位になったことを受け、新潟県内でもゆかりの企業やテニス関係者から祝福の声が上がった。大坂選手は昨年の全米オープンに続く四大大会連続優勝。偉業達成の躍進に合わせ、テニス人気も高まりそうだ。

 新潟県発祥のスポーツ用品メーカー「ヨネックス」(東京)は、ジュニア時代の2008年から用具を提供し支援してきた。全豪でも使用した大坂選手愛用のラケット「EZONE98」は新潟生産本部(長岡市)で作られ、専用に調整が加えられたものだ。

 大坂選手の力強い打球を生む要となっているラケットのストリング(ガット)も同社製。「もっと重いボールを打ちたい」との要望を受け、昨年末、拠点の米・フロリダでテストを重ね、より反発性の高いハードヒッター向けに変えたという。今季初戦のブリスベン国際から使われている。

 ヨネックス宣伝広報課は「グランドスラム2大会連続制覇、世界ランキング1位到達という偉業を日本製のラケット、ストリングでサポートできて光栄。これからも全力で彼女の躍進を支えてまいります」とのコメントを出した。

 新潟市中央区の「マリンブルーテニススクール」のコーチの男性(41)はメルボルンを訪れ、全豪大会を観戦した。大坂選手の試合を見ることはできなかったが、直筆のサインを現地でもらった。サインはスクールに飾り、生徒らが関心を寄せているという。

 コーチの男性は「多くの人のサインに応じてくれ、人柄がにじんでいた。スクールで子どもたちに大坂選手らプロの動きを伝えると、目を輝かせていた」と話した。

 スポーツ用品店も「大坂フィーバー」に沸く。新潟市江南区の「スーパースポーツゼビオ新潟亀田店」では、快挙を祝い、2月11日までヨネックスのラケットを購入すると、ストリングを無料にするサービスを始めた。

 販売員の男性(49)は「大坂選手のラケットは全米を制してから売れ行きが好調。さらに人気が高まるのではないか」とみる。「テニスは子どもからお年寄りまで楽しめる生涯スポーツ。始める人が増えるといい」と期待を寄せた。

【社会】 2019/01/29 08:20 新潟日報モア