来年のGWの旅行予約、早くも活発

2018年12月28日ニュース
皇太子さまが新天皇に即位されるのに伴い、来年のゴールデンウイーク(GW)は来年4月27日から5月6日までの10連休となる。新潟県内の旅行代理店では、早くもGWの旅行予約が活発化。各社は商機をつかもうと力を注ぐ。

 JTB(東京)が展開する新潟県内の4店舗では、秋口から予約の動きがある。「欧州を中心に、飛行機のビジネスクラスを使うツアーは既にキャンセル待ち」とする。豪華客船で世界各地を巡るクルーズツアーも人気だという。エイチ・アイ・エス(東京)は、全国的傾向として「例年より2カ月近く動きが早い。予約は前年同期比約3倍」とする。

 新潟交通くれよん万代(新潟市中央区)は「海外旅行が間違いなく売れる」とし、欧州向けの商品を造成する方針。「家族連れで初めて長距離旅行をする人も多くなるだろう。添乗員をつけた初心者向けの商品で需要を取り込みたい」

 日本旅行新潟支店(同)は「GW時期の欧州は例年、航空機代の価格差が小さく、価格競争が起きにくい」と指摘。観光地が多く、複数国を巡るツアーづくりが可能で「コースバリエーションが豊富だ。商品の中身で勝負したい」とする。

【経済】 2018/12/24 15:05 新潟日報モア