アビガン原料 16日生産開始 デンカ青海工場

2020年5月15日ニュース
デンカ(東京)は13日、新型コロナウイルス感染症の治療薬として効果が期待されている抗インフルエンザ薬「アビガン」の原料となるマロン酸ジエチルを、青海工場(新潟県糸魚川市)で16日から生産すると発表した。安倍晋三首相はアビガンの月内の薬事承認を目指す考えを示しており、6月中には政府が目指している200万人分の原料を出荷する予定だ。

 アビガンは細胞内でウイルス増殖を抑える作用があるとされ、富士フイルムホールディングス傘下の富士フイルム富山化学(東京)が製造する。政府は原料の国内供給体制の確立に向け、化学メーカーなどに協力を求めている。

 主原料の一つであるマロン酸ジエチルは現在海外でしか生産されていないが、デンカは2017年まで国内唯一のメーカーとして、化粧品や医薬品に向けて生産してきた。政府の要請を受けて4月に生産再開を決め、設備の整備や人員配置などの準備を進めてきた。

 出荷は早ければ今月末から。デンカは「新型ウイルスの感染拡大防止のため、確実に原料を供給し役割を果たしていく」としている。
2020/05/14 11:15   新潟日報モア